薬剤師ブログ更新情報

■睡眠薬の作用時間の違い

投稿日:


 睡眠薬として主に使われているのは、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系になります。これらの睡眠薬は脳の機能を低下させることで催眠作用をもたらすのですが、効果を考えていくには作用時間が重要となります。 作用時間によって、大きく4つのタイプに分けられています。・超短時間型:効果のピークは1時間未満、作用時間は2~4時間 (ハルシオン・マイスリー・アモバン・ルネスタ)・短時間型:効果のピークは1~3時間、作用時間は6~10時間 (デパス・レンドルミン・エバミール/ロラメット・リスミー)・中間型:効果のピークは1~3時間、作用時間は20~24時間 (ロヒプノール/サイレース・ベンザリン/ネルボン ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.