薬剤師ブログ更新情報

■睡眠薬の作用時間による分類

投稿日:


 睡眠薬は効果以外にも、睡眠薬(処方薬)は半減期によって超短時間作用型、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型の4つに分類されます。超短時間作用型・短時間作用型 入眠障害の人やシフト勤務などで昼夜逆転している人に処方されることが多い薬です。半減期が短く、翌朝に効果が残りにくいのが特徴です。超短時間作用型なら約2〜4時間、短時間作用型なら約6〜10時間で血中濃度が半減します。<代表的な薬>ラメルテオン(メラトニン受容体作動薬)ゾルピデム(非ベンゾジアゼピン系)トリアゾラム(ベンゾジアゼピン系)中間作用型・長時間作用型 中途覚醒や早朝覚醒の人に処方されることが多い薬です。ベンゾジアゼピン系の薬が多 ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.