薬剤師ブログ更新情報

ナウゼリン(ドンペリドン)の内服薬(錠剤・細粒・ドライシロップ)と坐剤で用量が異なる理由

投稿日:


吐き気止めとして小児から大人まで幅広く使用されているナウゼリン(成分名:ドンペリドン)ですが、錠剤・細粒・ドライシロップなど飲み薬の用量と座薬の用量を比較した際に、座薬の方が圧倒的に用量が多くなっています。 以前、兄弟で胃腸炎になってしまったお子さんの薬を説明しているときに、お母さんから「上の子の錠剤の方がmg数が小さいんですね」と鋭い指摘を受けたことがあります。 皆さん、どのように説明していますか?       ドンペリドン製剤の一覧と用量 販売中の医療用製剤一覧(平成30年6月) 内服薬と外用薬の用量の違い ...

配信元ブログ

https://pharmacist.hatenablog.com/
薬剤師の脳みそ〜くすりと医療制度 ( 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.