薬剤師ブログ更新情報

■プラビックスは、先発品とオーソライズドジェネリック(AG)とジェネリック医薬品(GE)で、それぞれ適応が違う。

投稿日:


プラビックスは、先発品とオーソライズドジェネリック(AG)とジェネリック医薬品(GE)で、それぞれ適応が違う。それぞれの適応は以下の通り(2015.6)。先発品:プラビックス(一般名:クロピドグレル)(1) 虚血性脳血管障害の再発抑制(2) 経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞(3) 末梢動脈疾患(PAD)における血栓・塞栓形成の抑制AG:クロピドグレル「SANIK」(1)虚血性脳血管障害の再発抑制(2)経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群、安定狭心症、陳旧性心筋梗塞GE:クロピドグレル(1)虚血性脳血管障害の再発抑制のみ適応※201 ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2024 All Rights Reserved.