薬剤師ブログ更新情報

■小児患者の輸液管理のポイント

投稿日:


・輸液の必要性を理解可能な表現でわかりやすく説明する。 ・指しゃぶりの手に刺入しないなど、行動制限が最小限になるように工夫する。 ・乳幼児は、特に刺入部位の発赤、浸潤、腫脹の有無を反対側と比較し、十分な観察を行う。 ・輸液ラインのループ部分の輪が引っかからないようにする。 ・刺入部位の保持のためシーネで固定し、絆創膏のはがれ、汚れ、末梢の循環状態の観察を行い、シーネ固定は適宜交換し、皮膚の清潔を保つ。 ・急速な滴下により循環器系に過剰な負荷がかかるため、補液量に十分に注意する。 ≪関連記事≫■単剤投与してほしい注射剤■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?■アルロイドGを服用した ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.