薬剤師ブログ更新情報

■高齢患者の輸液管理のポイント

投稿日:


・高齢者では、知覚感覚の低下によって血管外に漏れていても痛みを訴えない場合や、医療者に遠慮して異常を感じても訴えない場合がある。このため観察を十分に行う。 ・輸液側の腕の動かしてよい可動域を説明する。 ・ベッドから立ち上がる際や点滴スタンドを持って歩行する際の転倒予防のため、トイレなどの移動前には必ずナースコールを押すよう説明する。 ・移動時に輸液ラインが足に絡まないようにラインの長さを調節する。 ・衛生面から、輸液ラインが膝より低い位置にならないようにする。 ≪関連記事≫■単剤投与してほしい注射剤■ランサップ400とランサップ800の使い分けは!?■アルロイドGを服用した後、水などをすぐに ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.