薬剤師ブログ更新情報

■配合変化を起こしやすいアルカリ性注射薬剤

投稿日:


『アレビアチン』 ・必ず単独で投与してください。 ・1本に対して生食100ml以下で希釈。 ・前後フラッシュ:生食のみ ・配合変化を起こしやすい強アルカリ性薬剤です。 ・急速静注は1本につき5分(50mg/分)以上かけて投与してください。 『オメプラール』 ・必ず単独で投与してください。 ・生食、5%糖液で溶解。 ・前後フラッシュ:生食、5%糖液のみ・ ・配合変化を起こしやすいアルカリ性薬剤です。 『ソルダクトン』 ・単独で静注してください。「ラシックス(フロセミド)」のみ混合可。 ・前後フラッシュ:生食のみ。 ・配合変化を起こしやすいアルカリ性薬剤です。 『ラシックス』 ・前後フラッシュ: ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.