薬剤師ブログ更新情報

最終話 脱皮への道筋

更新日:


もう一つの課題、それは被害救済制度に対する認知度の低さです。 平成27年度の調査では、医薬品副作用被害救済制度の認知率(知っている+聞いたことがある)は3割(29.6%)に過ぎませんでした。 先述の通り、給付申請は患者やその家族が行わねばなりませんが、そのためには次の3つを把握している必要があります。 ・被害救済制度の存在 ・副作用被害に遭ったという事実 ・救済を受けられる可能性があること 一方、医療関係者を対象とした調査結果では、認知率は8割(79.7%)にも登りました。 この差は何を意味するでしょうか? coming soon ...

配信元ブログ

http://blog.livedoor.jp/dammats/
病院薬剤師って素晴らしい! (dammats 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.