薬剤師ブログ更新情報

注射用抗菌薬の用法用量を再考する- PK/PD理論に基づく新戦略-

投稿日:


教育(ランチョン)セミナー10は、PK/PD理論の第一人者である森田邦彦先生の登場。 ※「PK-PD」という表記は死語になっちゃったのかなぁ。 「定番」のお話以外で興味を引いたのが、TAZ/PIPCの溶解に関する話。 知らなかったが、看護師が最も溶けにくいと感じている抗菌薬がTAZ/PIPCとの事。 溶解液量5mL・振とう時間10秒では65%しか溶解しない(知らずに投与したら1/3ロスすることに)。 ・10mL・10秒 ⇒ 88% ・20mL・10秒 ⇒ 100% ・15mL・20秒 ⇒ 100% 意外なところにピットフォールがあるものだと思った。 ...

配信元ブログ

http://blog.livedoor.jp/dammats/
病院薬剤師って素晴らしい! (dammats 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2024 All Rights Reserved.