薬剤師ブログ更新情報

■カフェイン離脱症候群による頭痛

投稿日:


カフェインはそれ自体、頭痛を和らげる効果があることが知られているが、常用している人が摂取を中断すると、その後に頭痛をきたすことがあります。 1日100mg以下(コーヒーカップ1杯)のカフェイン飲料常用者でも中断後に症状を起こし得るが、通常摂取量が多い人ほど発生頻度や重症度が増加します。 通常、12~24時間後に症状が出現し、2日目がピークで9日間は持続します。 カフェイン離脱症候群の症状は、頭痛が最も一般的であり、約50%で認めます。頭痛の他には倦怠、活力低下、覚醒低下、傾眠、不満、抑うつ、集中力低下、短期、不明瞭が10大症状です。 カフェイン摂取により、30~60分後に症状は速やかに消失し ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.