薬剤師ブログ更新情報

■パーキンソン病治療の問題

投稿日:


■パーキンソン病治療の問題  パーキンソン病治療薬として最も有効なのがL-ドパ製剤である。効果の発現が早く副作用も比較的少なく使いやすい薬剤である。  L-ドパ製剤は、長期間服用を続けているとウェアリングオフやジスキネジアなど効き目が落ちるのが問題である!!70歳以上であるとか症状を改善させる優先事項があるなど特に症状を早期に回復させたい場合は、L-ドパ製剤で治療を開始するが、特にそういう事情がない場合は、ドパミンアゴニストで治療を開始する。■L-ドパ療法の問題点は運...動合併症の発現  パーキンソン病の進行に伴ってL-ドパの治療域が狭小化してしまい、wearing off現象やジスキネジア ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2024 All Rights Reserved.