薬剤師ブログ更新情報

■ピロリ菌における尿素呼気試験で偽陰性を生じる可能性のある薬剤

投稿日:


ピロリ菌のウレアーゼ活性に影響を与える薬剤を服用していると、ピロリ菌が残っているにも関わらず、除菌されてしまったような『偽陰性』の判定が出る可能性がある。 ▽偽陰性を生じる可能性がある薬剤 以下のような薬剤服用中または服用中止直後では、偽陰性になる可能性があるため注意すること。下記薬剤服用中止後2週以降(できれば4週以降)の時点で呼気試験を実施するのが望ましい。 ・プロトンポンプ阻害薬:PPI オメプラール(オメプラゾール)、タケプロン(ランソプラゾール)、パリエット(ラベプラゾール)、ネキシウム(エソメプラゾール) ・抗生物質全般 ・胃粘膜保護剤 アルサルミン(スクラルファート)、ガストロ ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.