薬剤師ブログ更新情報

■抗結核薬『イソニアジド』と相互作用を起こす飲食物

更新日:


≪マグロ・青魚≫青魚に含まれるヒスチジンからヒスタミンが生成され、薬物により分解が阻害されるので体内に蓄積される⇒ヒスタミン中毒を起こすことがある。≪チーズ・赤ワイン≫通常、チラミンは腸管に存在するモノアミンオキシダーゼ(MAO)により代謝され不活化される。しかし、イソニアジドにより、MAOが阻害されると、チラミンは不活化されず腸管より吸収され、チラミンが蓄積される⇒チラミンの作用が増強する⇒血圧上昇、発汗、動悸、悪心・嘔吐などの症状が発現する。≪相互リンク≫にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ人気ブログランキング:薬剤師 ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2024 All Rights Reserved.