薬剤師ブログ更新情報

■TNF阻害薬投与中に感染症投与が疑われた場合の投与中止例・再開例

更新日:


≪感染症が疑われた場合の投与中止例≫・38℃以上の熱がある場合・膿性痰がある場合・CRPが非常に低値であったものが、急に高値になった上記のような場合は、TNF薬の投与を控えていただく。≪TNF薬の再開例≫1週間後の検査にて、・平熱に戻った・膿性痰が消失した・通常のCRP値に戻った(抗生物質投与中は、抗生物質の投与を中止・終了してから検討する)※あくまで考え方の一つです。担当医の指示にしたがってください。≪相互リンク≫にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ人気ブログランキング:薬剤師     ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2024 All Rights Reserved.