薬剤師ブログ更新情報

■高血圧患者に塩分制限をする理由は!?

更新日:


生理食塩液は体液と等張であり、その組成は水1リットルに対し、食塩9gである。つまり、食塩1gから生理食塩液を作るには、水を111ml必要とする。食塩1gを摂取した場合、食塩だけが吸収されたとすれば、細胞外液のNa濃度が高くなる。生体では細胞外液の浸透圧を正常に保つようなホメオスタシスが働いており、細胞外液においてはNa濃度を140mEq/Lぐらいに保つ機構が働いている。したがって、摂取した食塩1gを等張化するのに必要な水分111mlを吸収しなければ細胞外液のナトリウム濃度を正常に保つことができない。 細胞外液は浸透圧を正常に保つため、食塩1gに対して水111mlを吸収する。したがって、毎日食 ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2024 All Rights Reserved.