薬剤師ブログ更新情報

■ワーファリンとクランベリージュースの相互作用について

更新日:


クランベリージュースに含まれているフラボノイドがワーファリンの代謝酵素であるCYP2C9活性を阻害するため、ワーファリンの血中濃度が上昇して、抗凝固作用が増強し、出血傾向をきたす。 ワーファリンは、光学異性体(S体とR体)のこうごうぶつであり、抗凝固活性はS体-ワーファリンの方がR体-ワーファリンよりも約4倍強いとされている。 また、S体-ワーファリンは薬物代謝酵素CYP2C9で代謝され、R体-ワーファリンはCYP1A2で代謝される。 ≪相互リンク≫にほんブログ村:薬・薬剤師ブログ人気ブログランキング:薬剤師        ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.