薬剤師ブログ更新情報

■ワクチンの種類≪生ワクチン・不活化ワクチン・トキソイド≫

更新日:


ワクチンは、大きく分けて『生ワクチン』と『不活化ワクチン』と『トキソイド』の3種類があります。≪生ワクチン≫生きているウィルスや最近の毒性や発病力を弱めて作ったワクチンである。ウィルスや細菌が体内で増殖するので、接種後しばらくしてから発熱や発疹など、その病気の症状が軽く出てくることがあります。次に違うワクチンの接種を受ける場合には、4週間(27日)以上間隔をあける必要があります。≪不活化ワクチン≫ホルマリンや紫外線などで処理し、感染力や毒力をなくした病原体ないし、その成分で作ったワクチンである。生ワクチンのように体内で増殖することがないので、1回接種しただけでは必要な免疫を獲得・維持ができない ...

配信元ブログ

https://hosphar.blogspot.com/
薬剤師の話 (田浦稔基 様)

-薬剤師ブログ更新情報

Copyright© ヤクログ.com , 2022 All Rights Reserved.